Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/100936


Title: 名詞修飾節と文の意味階層構造
Adnominal Clauses and Semantic Layer Structure in Japanese
Authors: 益岡隆志
Masuoka Takashi
Keywords: 文の階層構造;名詞修飾節の基本型と特殊型;内容節;引用系接続形式
Date: 2012-01
Issue Date: 2016-08-30 16:26:15 (UTC+8)
Abstract:  本稿の目的は、内容節を中心に文の意味階層構造が名詞修飾節の現れ方にどのように関係するかを明らかにすることである。本稿では、文の意味階層構造の概要を述べたうえで、(i)基本型内容節とトノ内容節は、それぞれ命題の階層の内容節とモダリティの階層の内容節として機能するという点で意味階層に関して対立的(相補的)な関係にあるということ、及び、(ii)トイウ内容節は引用(メタ)用法とカテゴリー用法を持ち、すべての意味階層に対応するということを指摘する。
Relation: 政大日本研究,第九號,1-18
Chengchi journal of Japanese studies
Data Type: article
Appears in Collections:[第9號] 期刊論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
index.html0KbHTML517View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing