Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/113626


Title: なぜ政権は交代したか? 2016 年台湾総統‧立法委員選挙の観察
Authors: 蔡佳泓
Contributors: 選研中心
Date: 2016-09
Issue Date: 2017-10-16 12:10:34 (UTC+8)
Abstract: 本稿は政党の社会的基礎、政治的立場、馬英九総統の支持率、経済状況、政党組織等複数の側面から2016 年の総統選挙を分析し、政権交代の主要な原因が、過去8 年間で国民党が若年層、高等教育レベル層の支持を失ったためと考える。また、副次的な原因として総統の支持率低迷が、国民党候補指名過程での混乱を招いた。そして、国民党の組織機能の不全が他方で長期的な問題となっている。
Relation: Quarterly in Japanese ISSUES & STUDIES, Vol.45, No.3, pp.1-33
Data Type: article
Appears in Collections:[選舉研究中心] 期刊論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
45-3-1.pdf905KbAdobe PDF162View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing