Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/136808


Title: 終助詞kana及與之對應的中文表現之對照研究
終助詞「かな」及びそれに対応する中国語の対照研究
Authors: 陳昭榮
Wing, Chan Chiu
Contributors: 葉秉杰
陳昭榮
Chan Chiu Wing
Keywords: 終助詞kana
疑惑
判斷成立
依靠聽者的情報
委婉化
終助詞「かな」
「疑い」
判断成立
聞き手情報依存
円滑化
Date: 2021
Issue Date: 2021-09-02 15:15:30 (UTC+8)
Abstract: 本研究以考察終助詞kana以及中文表現“呢”“吧”“嗎”“不知道”為之間的對應關係為研究目的。本研究把kana分成了「類似自言自語的詢問」「表示客氣的詢問」「未確定的判斷」及「圓滑的意見傳達」4種類別。本研究會從BTSJ日語口語語料庫(2018版)抽出kana的例句,並依照kana的各功能驗證對應的中文表現。

終助詞kana含有可以把說話者的表達委婉化的功能,常出現在日常的日本語溝通上,在中文中比較少這種表達委婉化的表現,而相關的對照研究也未夠充足,因此現在未能統一出對應kana的中文表現。因此,本研究將以含有委婉化疑問等表達的“呢”“吧”“嗎”“不知道”為指定的研究對象,從而驗證kana與這些表現的對應關係。
本研究の目的は、日本語の終助詞「かな」と中国語表現“呢”、“吧”、“嗎”、“不知道”がどのように対応しているかを明らかにすることである。本研究では、「かな」の機能を「独話に近い問いかけ」、「配慮を表す問いかけ」、「不確かな判断」と「円滑的な意見表明」という4つの機能に分類する。「日本語話し言葉コーパス 2018版(BTSJ)」から「かな」が用いられている例文を抽出し、機能別に考察を行う。
考察の結果は以下の通りである。「かな」は(61)~(66)に見るように、「独話に近い問いかけ」の機能において中国語の“呢”及び“不知道”と対応していると考えられる。「配慮を表す問いかけ」の機能においては、(67)~(68)に見るように、中国語の“呢” 及び“不知道”でも対応していると考えられる。そして、(69)~(73)に見るように、「不確かな判断」の機能においては“吧”と対応し、「円滑的な意見表明」の機能においては“嗎”と対応すると考えられる。
終助詞「かな」は、話し手の表出の円滑化する機能を有し、日本語会話においてわれている。中国語ではこのような円滑的に表す表現が少なく、それに関する対照研究もあまり進まれていないため、「かな」に対応する中国語表現は定着されていない。従って、本研究では話し手の疑問などの表出を和らげる機能を持つ“呢”“吧”“嗎”“不知道”を指定し、「かな」との対応関係を明らかにする。
Reference: 日本語文献
井上優(2002)「『是吗』に関する覚え書」定延利之 編『「うん」と「そう」の言語学』,pp.61―74,ひつじ書房
井上優(2016)「日本語と中国語の真偽疑問文と確認文の意味」 『日本語ぶんっぽう研究のフロンティア』pp.225―242 くろしお出版
カノックワン・ラオハブラナキット(1996)「『カナ』『カシラ』に関する考察」筑波大学国語文学 編『日本語と日本語文学』
木村英樹・森山卓郎(1992) 「聞き手情報配慮と文末形式‐日中両語を対照して」,大河内康憲 編『日本語と中国語の対照研究論文集(下)』くろしお出版,pp.3―43
熊野七絵 (1999)「文末の『かね』の意味・機能―「疑いの表現」としての位置づけ ―」.『広島大学留学生センター紀要』10, pp.31-41.
高山乾忠(2007)「語気詞の意味―“吗ma”“呢ne”“吧ba”を例として―」『地域総研紀要』5巻1号,pp.35-38.
丁寧(2012)「日本語の疑い表現『やら』の意味と用法:中国語の疑い表現との対照を兼ねて」『一橋日本語教育研究 1号』,pp.25-36
張恩濤・小針朋子(2007)『暮らしの中国語表現5000』語研
仁田義雄 (1991)『日本語のモダリティと人称』東京:ひつじ書房
仁田義雄(1994) 「〈疑い〉を表す形式の問いかけ的使用‐「カナ」を中心とした覚書‐」『現代 日本語研究』創刊号,大阪大学文学部日本学科現代日本語学講座
平山紫帆(2015)「自然会話における終助詞「かな」の用法」『立教日本語教育実践学会(R-JLEP)日本語教育実践研究第 2 号』,pp.68-79
宮崎和人・安達太郎・野田春美・高梨信乃(2002)『モダリティ』新日本文法選書4.東京,くろしお出版
森山卓郎・仁田義雄・工藤浩(2000)『モダリティ』pp.156-157岩波書店
森 宏子(2005) 「“不知道”の文法化現象について」『中国学誌』20 号,大阪市立大学中国文学会.
劉月華・潘文娛・胡韡(1996)「現代中国語文法総覧」くろしお出版
安達太郎(2002) 「第 5 章 質問と疑い」『新日本語文法選書 4 モダリティ』,くろしお出版

中国語文献
石毓智(2004)「特指疑問句中的“呢”」『漢語研究的類型學視野』pp.177-183 南昌:江西教育出版社
屈承熹(2008)『關聯理論與漢語句末虛詞的語篇功能』pp.12-18華東師範大學學報(哲學社會科學版)3
黃朝茂(2004)『漢日語語法比較論文集』pp.149-163 致良出版社
齊滬揚(2002)『語氣詞與語氣系統』安徽教育出版社
邵敬敏(1989)「語氣詞“呢”疑問句句中的作用」『中國語文』1989第3期
邵敬敏(1996)『現代漢語疑問句研究』上海:華東師範大學出版社
蔣家義(2006)「ダロウと『吧ba』の対照研究―言語行為の立場から―」『杏林大学大学院国際協力研究科―修士論文』
常波濤(2001)『日語慣用句型上手書』臺北市:寂天文化
張玲瑛(2012)「應用共現詞於多義句末助詞『吧』與『呢』的語義分析及教學語法」 國立台灣師範大學話語教學研究所博士論文
橋本友紀・池畑祐介・佐藤佳彩(2006)黃瀞瑤・彭誼芝訳『日語常用句型1000』臺北市:寂天文化
呂叔湘(1999) 『現代漢語八百詞(增訂本)』 北京:商務印書館
劉月華 潘文娛 故韡(2001)『實用現代漢語語法』北京:商務印書館

英語文献
Brown, P. & Levison, S. C.(1987) Politeness: Some Universals in Language Usage. Cambridge: Cambridge University Press.,61.
Grice, H. Paul. (1975). Logic and conversation. In Syntax and Semantics: Speech Acts, ed. Peter Cole and Jerry L. Morgan, volume 3, 41–58. New York: Academic Press.

(資料)
宇佐美まゆみ監修 (2018) . 「BTSJ による日本語話し言葉コーパス(2018 年版)」『人間の相互作用研究のための多言語会話コーパスの構築とその語用論的分析方法の 開発』平成 20-22年度科学研究費補助金基盤研究 B (課題番号 20320072)研究成果.
Description: 碩士
國立政治大學
日本語文學系
106556004
Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0106556004
Data Type: thesis
Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
600401.pdf3892KbAdobe PDF0View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing