Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/137899


Title: 中国伝染病通報のジレンマ:原因不明の肺炎サーベイランス制度の分析を例として
中國傳染病通報的困境:以不明原因肺炎監測的制度分析為例
The Chinese Infectious Disease Reporting Dilemma: Using the Surveillance System for Pneumonia of Unknown Cause as a Case Study
Authors: 梁書瑗
Liang, Shu-Yuan
阿部久美子
Contributors: 問題と研究
Keywords: 公衆衛生 ; 中国官僚システム ; 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) ; 原因不明の肺炎 
公共衛生 ; 中國官僚體系 ; 新型冠狀病毒肺炎 ; 不明原因肺炎
Public Health ; Chinese Bureaucracy Bureaucratic System ; COVID-19 ; Pneumonia of Unknown Cause
Date: 2021-09
Issue Date: 2021-11-18 15:13:47 (UTC+8)
Abstract: 深刻な重症急性呼吸器症候群(SARS)を経験し、世界保健機関(WHO)は、各国が呼吸器感染症や原因不明の肺炎の発生状況を把握するよう提言した。このため、中国は、SARSや鳥インフルエンザなどの重症の肺炎を併発しやすい新興呼吸器感染症を防ぐため、原因不明の肺炎サーベイランスプログラムを確立した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の初期症状は、原因不明の肺炎の通報基準に沿うものであったが、なぜ中国疾病管理センターは、この爆発的な感染拡大の初段階にて、原因不明の肺炎サーベイランスシステムを通じた、地方からの症例通報を得られなかったのであろうか。本稿では、病院と地方疾病管理センターからなる基層感染症サーベイランスネットワークが、「公衆衛生属地主義」、「感染症管理構造」、「早期警告システム」、「幹部管理制度」などの制度環境の影響にて、先に症例検証、その後に「ネットワーク直接報告」という行動ロジックが展開されたことにより、サーベイランスメカニズムが新型コロナウイルス感染症に直面した際に、初段階での疑似症例の早期警告の効果を発揮できなかったことを論じる。
歷經嚴重急性呼吸道症候群(SARS)後,世界衛生組織建議各國應掌握呼吸道感染與發生不明原因肺炎的狀況。據此,中國建立不明原因肺炎的監測方案,以防堵如SARS、禽流感等各類易併發嚴重肺炎的各種新型呼吸道傳染病。新型冠狀病毒肺炎(COVID-19)初期症狀符合不明原因肺炎通報標準,但為何在疫情爆發之際,中國疾控中心並未於第一時間透過不明原因肺炎的監測系統接獲來自地方的通報病例?本文主張,由醫院與地方疾控中心所組成的基層傳染病監測網絡在「公衛屬地原則」、「傳染病管理架構」、「預警體系」、「幹部管理制度」等制度環境的影響下,發展出病例核實為先、「網路直報」在後的行動邏輯,導致監測機制在面臨新型冠狀病毒肺炎時,未於第一時間通報疑似病例發揮早期預警效果。
After the Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) pandemic, the World Health Organization (WHO) recommended that countries develop disease surveillance systems to discover the origins of outbreaks of respiratory infectious disease and "pneumonia of unknown cause." China accordingly designed a surveillance system to prevent and control diseases like SARS and Avian Influenza. The initial symptoms of the Novel Coronavirus Pneumonia (COVID-19) conform to those of a pneumonia of unknown cause. However, the Chinese CDC failed to obtain local information in real time during the early-stage of the COVID-19 outbreak. This article argues that the influence of "public health territorialism," the structure of infectious disease management, the early warning system, and executive management system influence local Chinese disease control units to develop a behavior model of "verification first, notification second" that delayed the access of central authority to outbreak information.
Relation: 問題と研究, 50(3), 85-138
Data Type: article
DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.202109_50(3).0003
Appears in Collections:[問題と研究] 期刊論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
209.pdf1732KbAdobe PDF45View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing