Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/139126


Title: 關於接尾詞「-力」之考察
接尾辞「-力」についての考察
Authors: 吳伯韜
Wu, Po-Tao
Contributors: 王淑琴
吳伯韜
Wu, Po-Tao
Keywords: 語基
派生詞
後綴
共現關係
語料庫工具
Date: 2022
Issue Date: 2022-03-01 16:28:14 (UTC+8)
Abstract:   本研究利用語料庫工具NINJAL-LWP for TWC,抽出日語漢字後綴「-力」之派生詞,探討其語意用法及共現表現。
  全文共分為五章。第一章介紹本文的研究動機、目的與研究對象。第二章則回顧過往相關文獻,探討先前研究的不足之處。第三章依照先前研究的分類基準,將「-力」的語基進行分類,由分析結果得知:「用言類」語基的占比最高,約73.66%,由此可知後綴「-力」較易與「用言類」的語基結合。此外,本研究將「-力」的意思分為四種,並分析了在「用言類+力」及「體言類+力」的派生詞中,「-力」表示何種意思。從分析結果可得知:兩者中以「人和動物所具有的,體內筋肉運動、心智運作所產生的效能或作用」的意思最多。第四章調查了「-力」的派生詞與「ある」「ない」「高い」「低い」「大きい」「小さい」「強い」「弱い」的共現關係。本研究將這些表現區分為反義詞組與非反義詞組,探討跟各個詞組容易一起出現的「-力」的派生詞具有何種特徵。考察結果如下:最常與「ある」「ない」詞組一起出現的「-力」的派生詞,其語意性質上可作計算的可能性低,多為表達人類內部精神方面的特質或能力;最常與「高い」「低い」詞組一起出現的「-力」的派生詞,其性質可用數值表示的可能性高;最常與「大きい」「小さい」詞組一起出現的「-力」的派生詞,其性質在計算可能性上同樣也是高的,但與「高い」「低い」詞組不同的是,大多用於科學相關的體裁;最常與「強い」「弱い」詞組一起出現的「-力」的派生詞,多為生活中常見的物理名詞或是與生命力、生物學相關的詞語。第五章為結論與展望,對本研究結果的論點進行概括的同時,也預擬了未來研究方向。
Reference: 大上真礼・寺田悠希(2016)「『女子力』と『男らしさ・女らしさ』に違いはあるか―測定語の変遷に着目して―」『田園調布学園大学紀要』11、田園調布学園大学、pp. 169-188
大森荘蔵(1994)『時間と存在』青土社
菊地夏野(2016)「『女子力』とポストフェミニズム―大学生の『女子力』使用実態アンケート調査から―」『人間文化研究』25、名古屋市立大学大学院人間文化研究科、pp.19-48
国広哲弥(1982)『意味論の方法』大修館書店
ケキゼ・タチアナ(2003)「『ぽい』の意味分析」『日本語教育』118、pp.27-36
斎藤倫明(2010)「拘束形式の二字漢語と日本語教育」『輔仁大学日本語文学科2010年言語・外国語教育研究シンポジウム「スキルとしての外国語・教育」論文集』、輔仁大学日本語文学科、pp.1-10
湯廷池(2012)『日語形容詞研究入門(上)』致良出版社
中島晶子(2010)「新造語における『度』『系』『力』の用法」『漢語の言語学』くろしお出版
仲本康一郎(1998)「攻撃力と抵抗力を表す形容詞」『言語科学論集 = Papers in linguistic science』(4)、京都大学総合人間学部基礎科学科情報科学講座、pp.69-81
西尾寅弥(国立国語研究所)(1972)『形容詞の意味・用法の記述的研究(国立国語研究所報告44)』秀英出版
野村雅昭(1976)「現代漢語の語構成について」『情報管理』18(11)、国立研究開発法人科学技術振興機構、pp.884-891
野村雅昭(1988)「二字漢語の構造」『日本語学』7(5)、明治書院、pp.44-55
野村雅昭(1989)「語構成」『講座日本語と日本語教育1 日本語学要説』明治書院、pp.49-66
服部匡(2011a)「程度的な側面を持つ名詞とそれを量る形容詞類との共起関係 :通時的研究 (特集 言語の変化)」『言語研究』(140)、日本言語学会、pp.89-116
服部匡(2011b)「名詞と尺度的形容詞類の共起傾向の推移 : 国会会議録のデータから」『同志社女子大學學術研究年報』(62)、同志社女子大学教育・研究推進センター、pp.113-141
服部匡(2012a)「名詞と尺度的形容詞類の共起頻度の推移 : 国会会議録のデータから」『同志社女子大学大学院文学研究科紀要』(12)、同志社女子大学大学院文学研究科、pp.1-11
服部匡(2012b)「名詞と尺度的形容詞類の共起傾向の推移(2) : 国会議録のデータから」『同志社女子大学学術研究年報』(63)、同志社女子大学大学院文学研究科、pp.47-72
服部匡(2013)「反義関係に基づいた尺度的形容詞と名詞の共起傾向の分析 : 国会会議録のデータから」『総合文化研究所紀要』(30)、同志社女子大学総合文化研究所(教育・研究推進センター)、pp.104-120
服部匡(2014)「現代日本語の通時変化」『講座日本語コーパス6 コーパスと日本語学』朝倉書店、pp.21-47
馬雯雯(2019)「ジェンダーに関わる表現『女子力』についての考察 『女子力』を巡る記述における言語標識を中心に」『ことば』40(0)、現代日本語研究会、pp. 90-105
町田健(2001)『シリーズ・日本語のしくみを探る3 言語学のしくみ』研究社
水野義道(1987)「漢語系接辞の機能」『日本語学 第6巻2号』明治書院、pp.60-69
嶺田明美(2015)「形容詞『高い』の使用実態について-『強い』『大きい』などとのゆれの可能性の指摘-」学苑(893)、光葉会、pp.26-39
賴錦雀(2013)「日語的程度表現-形容詞的非典型用法探究」『台灣日本語文學報』33期、pp.125-150
賴錦雀(2005)『日本語次元形容詞研究』致良出版社
山下喜代(1995)「形容詞接尾辞『-ぽい・-らしい・-くさい』について」『講座日本語教育』30、pp.183-206
吉田妙子(2011)『たのしい日本語作文教室Ⅰ改訂版(文法総まとめ)』大新書局
Description: 碩士
國立政治大學
日本語文學系
105556005
Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0105556005
Data Type: thesis
Appears in Collections:[日本語文學系] 學位論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
600501.pdf6350KbAdobe PDF0View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing