Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/64322


Title: 鳩山由紀夫的領導特質對美日關係的影響 —以普天間基地遷移事件為例(2009-2010)
The Premier Yukio Hatoyama Personal Leadership Characteristics Influence the Relationship of the United States and Japan: The Issue of Futenma Replacement Facility for instance (2009-2010)
Authors: 官黛妮
Contributors: 楊鈞池
官黛妮
Keywords: 鳩山由紀夫
普天間基地
領導特質
美日關係
互動
Date: 2013
Issue Date: 2014-03-03 15:30:55 (UTC+8)
Abstract: 摘要
普天間基地遷移問題歷經13年來的處理,自民黨政府終於對美達成協議,新遷移地確定為沖繩縣內的邊野古。時局恰逢日本國內政黨輪替,民主黨籍首相鳩山由紀夫上台。鳩山由紀夫對外交政策有許多新的看法,因此不願意直接履行自民黨政府與美國政府間的協議內容,主張應該將新基地建於沖繩以外的縣份、或是乾脆移出日本境外。然而,鳩山由紀夫身為領導人,卻因為具備四項領導特質:「習慣迎合談話對象的意見或立場」、「不尊重專業官僚體系」、「不能當機立斷地進行裁決」以及「對於新政策的導入抱持缺乏實質根據的樂觀」,而與各界協調狀況不佳。鳩山由紀夫看似有「友愛思維」作為行事準則,其實容易變動自身立場,本身對基地政策沒有定論、發言前後矛盾,以至推遲結論。心意數度擺盪的鳩山由紀夫,難以與國內其他行動者達成共識與合作,與美國政府間的互動狀況亦不夠理想,最後不但國內行動者都不表支持,美國也失去了溝通的耐心。基地遷移問題最終回歸原本的美日協議內容,鳩山由紀夫也得為了一個空轉的政策而下台。
關鍵字:鳩山由紀夫、普天間基地、領導特質、美日關係、互動
Reference: 一、 中文書目
(一)  圖書
石之瑜,政治心理學(台北:五南圖書出版公司,1999)
陳舜仁、何思慎,「日本國內政治變動對美日安保體制之影響」,收於蔡東杰、黎立仁主編,全球格局變遷下之東亞政經發展―台灣與日本的視角―(臺北:國立政治大學當代日本研究中心,2012年6月,頁1-22。
陳義彥、陳景堯、林妤虹、吳宜璇、何景榮、任雲楠譯,David Marsh, Gerry Stoker著,政治學方法論與途徑, (台北:韋伯出版社,2007)。

(二)  期刊
李世暉,「日本民主黨政權的外交政策思維」,國際關係學報,第32期(2011年7月),頁157-173。
李世暉,「不情願的專業主義:從普天間基地問題探討日本民主黨政權決策過程」,政治科學論叢,總第54期(2012年12月),頁37-70。
宋學文,「從層次分析探討霸權穩定論:一個國際關係理論演化的研究方法」,問題與研究,第43卷第2期(2004年3、4月),頁171-196。
宋學文,「層次分析對國際關係研究的重要性及模型建構」,問題與研究,第47卷第4期(2008年12月),頁167-199。
林賢參,「沖繩普天間美軍基地問題與日美同盟」,展望與探索,第8卷第7期(2010年7月),頁108-118。
黃偉修,「日本民主黨的政治主導決策模式與鳩山首相的領導能力」,問題與研究,第50卷第2期(2011年6月),頁75-106。

(三)  其他
胡育瑋,「歐巴馬對美國在阿富汗外交政策的承續與變革」,政治大學外交學系碩士論文(2013年1月)。


二、 英文書目
(一)  圖書
Barber, James David, The Presidential Character: Predicting Performance in The White House (New Jersey: Prentice Hall, 1992).
George, Alexander L., and Andrew Bennett, Case Study and Theory Development in the Social Science (Cambridge, MA.: MIT Press, 2005).
Mead, Walter Russell, Special Providence: American foreign policy and how it changed the world (New York: Alfred A. Knopf, 2001).
Putnam, Hilary, Reason, Truth and History(Cambridge: Cambridge University Press, 1981).
Rosenau, James N., The Scientific Study of Foreign Police (New York: Free Press, 1971).
Waltz, Kenneth Neal, Man, the State and War :a theoretical analysis (New York :Columbia University Press, 2001).

(二)  期刊
Putnam, D. Robert, “Diplomacy and Domestic Politics: The Logic of Two –Level Games,” International Organizations, Vol. 42, No. 42(Summer 1988), pp. 427-460.

(三)  其他
Al Kamen, “Among leaders at summit, He's first,” Washington Post,
<http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html > (April 14, 2010). 上網時間:2014年1月3日。
Al Kamen, “ ’Loopy’ takes Japan by storm,” Washington Post,
<http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/27/AR2010042704746.html > (April 28, 2010). 上網時間:2014年1月3日。
Hatoyama, Yukio, “A New Path for Japan,” The New York Times, < http://www.nytimes.com/2009/08/27/opinion/27iht-edhatoyama.html >(August 26, 2009). 上網時間:2014年1月3日。
Joseph Samuel Nye, Jr., “An Alliance Larger Than One Issue”, The New York Times, < http://www.nytimes.com/2010/01/07/opinion/07nye.html?_r=1& >(January 6, 2010).上網時間:2014年1月9日。
“United States-Japan Roadmap for Realignment Implementation,” Ministry of For-eign Affairs of Japan, < http://www.mofa.go.jp/region/n-america/us/security/scc/doc0605.html >(May 1, 2006). 上網時間:2014年1月3日。
”Yukio Hatoyama resigns--Leaderless Japan,” The Economist, < http://www.economist.com/node/16274071 >(Jun 3, 2010).上網時間:2014年1月24日。


三、 日文書目
(一)  圖書
浅野一弘,民主党政権下の日本政治―日米関係・地域主権・北方領土―(東京:同文館,2011年)。
阿比留瑠比,政権交代の悪夢(東京:新潮社,2011年)。
石破茂,日本のあるべき外交・安全保障政策,森本敏監修,漂流する日米同盟 民主党政権下における日米関係(東京:海竜社,2010年),頁33-47。
伊奈久喜,「日本と世界」,收於森本敏主編,漂流する日米同盟 民主党政権下における日米関係(東京:海竜社,2010年),頁122-129。
加藤洋一,「日本とアメリカ」,森本敏監修,漂流する日米同盟 民主党政権下における日米関係(東京:海竜社,2010年),頁130-148。
小泉俊明,民主党大崩壊! 国民を欺き続けた1000日(東京:双葉社,2012年)。
小林良彰,政権交代(東京:中央公論新社,2012年)。
古森義久,アメリカが日本を捨てるとき(京都:PHP新書)。
坂井定雄,「民主党はなぜ沖縄を裏切ったのか――メディアと日米安保ロビーに屈服した鳩山氏――」,小沢隆一、丸山重武編,民主党政権下の日米安保(東京:花伝社:2011年),頁23-34。
信田智人,政治主導VS.官僚支配 自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕(東京:朝日新聞,2013年)。
神保哲生、宮台真司,沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 米軍基地と日本外交の軛(東京:春秋社,2010年)。
寺島実郎,問いかけとしての戦後日本と日米同盟(東京:岩波書店,2010年)。
長島昭久,「鳩山政権の外交・安全保障政策」,森本敏監修,漂流する日米同盟 民主党政権下における日米関係(東京:海竜社,2010年),頁18-32。
橋本五郎,「日本的リーダーの諸類型」,收於小林良彰主編,日本政治の過去・現在・未来(東京:慶應義塾大学出版会,1999年)。
鳩山由紀夫、高野孟,民主党の原点――何のための政権交代だったのか(東京:花伝社,2012年)。
平田オリザ、松井孝治,総理の原稿 新しい政治の言葉を模索した266日(東京:岩波書店,2011年)。
米国大使館レファレンス資料室,オバマ大統領の演説『自らの言葉で語る』(東京:米国大使館レファレンス資料室,2009年)。
前泊博盛,本当は憲法より大切な日本地位協定入門(東京:創元社,2013)。
毎日新聞政治部,琉球の星条旗 「普天間」は終わらない(東京:講談社,2010年)。
孫崎享,日米同盟の正体(東京:講談社,2009年)。
孫崎享,アメリカに潰された政治人物たち(東京:小学館,2012年)。
待鳥聡史,首相政治の制度分析 現代日本政治の権力基盤形成(東京:千倉書房,2012年)
簑原俊洋,「日本とアメリカ」,簑原俊洋編,ゼロ年代 日本の重大論点(東京:柏書房,2011年),頁15-40。
村松岐夫、伊藤光利、辻中豊,日本の政治(東京:有斐閣,1992年)。
森本敏,普天間の謎(東京:海竜社,2010年)。
森本敏,「徹底検証 鳩山政権と日米同盟関係」,森本敏監修,漂流する日米同盟 民主党政権下における日米関係(東京:海竜社,2010年),頁84-120。
守屋武昌,「普天間」交渉秘録(東京:新潮社,2012)。
薬師寺克行,証言 民主党政権(東京:講談社,2012年)。
山口二郎,政権交代論(東京:岩波書店,2009年)。
山口二郎,政権交代とは何だったのか(東京:岩波書店,2012)。
渡邉昭夫,「日米同盟の史的概観」,北岡伸一、渡邉昭夫監修,日米同盟とは何か(東京:中央公論新社,2011年),頁11-24。

(二)  期刊
伊藤惇夫,「民主党発足のツケが日米同盟を泥沼化させた」,中央公論,第1513号(2010年5月),頁118-121。
何思慎,「民主党の新しい防衛観が東アジア地域の安全保障に与える影響」,問題と研究,第38卷4号(2009年10月),頁29-52。
金田信一郎、松村伸二、広岡延隆、瀬戸久美子,「沖縄経済圏 アジアを引きつける新産業の衝撃」,日経ビジネス,第1653号(2012年8月6-13日)。
佐橋亮,「鳩山由紀夫政権におけるアジア外交」,問題と研究,第40巻2号(2011年4,5,6月),頁93-132。
鳩山由紀夫,「アンケート第1位鳩山由紀夫インタビュ- これからの政治は「愛」がキーワードなんです」,文藝春秋(東京),第74巻第1号(1996年1月),頁107-111。
鳩山由紀夫,「五十人集めて総選挙に挑む」,This is 読売(東京),第7巻第4号(1996年7月),頁138-145。
鳩山由紀夫,「民主党 私の政権構想」,文藝春秋(東京),1996年11月号,頁112-130。
鳩山由紀夫,「私の政治哲学」,Voice(京都),第381号(2009年9月),頁132-141。
藤原帰一,「小政党との連立で政権は安定するか」,週刊ダイヤモンド(東京),第98巻第17号(2010年4月17日),頁128-129。
細谷雄一,「「自立なき日本」という思い込み」,中央公論(東京),第1513号(2010年5月),頁18-19。
村田晃嗣,「鳩山政権下の日米関係」,問題と研究,第38巻4号(2009年10,11,12月号),頁53-66。
矢嶋定則,「野田内閣の発足と当面する主要外交防衛問題~第178 回国会における外交防衛論議~」,立法と調査,第322号(2011年11月),頁14-28。
山口二郎,「政権交代で何を変えるのか――民主党は政策再編成のビジョンを示せ」,世界,第795号,(2009年9月),頁96-101。
山口昇,「沖縄に米海兵隊が必要な五つの理由」,中央公論,第1513号(2010年5月),頁130-138。
楊鈞池,「日米同盟関係の変遷と今後の東アジア地域の秩序」,問題と研究,第40巻2号(2011年),頁63-89。
渡部昇一,「東アジア共同体は永遠の幻」,世界(京都),第382号(2009年10月),頁72-77。

(三)  其他
沖縄県知事公室基地対策課,沖縄の米軍基地(沖縄:沖縄県知事公室基地対策課,2008年)。
沖縄国際大学事務所広報課編,沖縄国際大学への米軍ヘリコプター墜落事故―沖縄タイムス、琉球新報の報道から―(沖縄:沖縄国際大学事務所広報課,2005年)。
片岡剛士,「日本の失われた20年」,三菱UFJリサーチ&コンサルティング,< http://www.murc.jp/thinktank/rc/column/search_now/sn100422 >(2010年4月22日)。上網時間:2014年1月3日。
「「基地」「経済」に審判 知事選、きょう投開票」,琉球新報,2006年11月19日,<http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-19004-storytopic-3.html>。上網時間:2014年1月3日。
「共同発表 日米安全保障協議委員会」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/2+2_05_02.html >(2005年2月19日)。上網時間:2014年1月8日。
「クリントン長官、駐米大使を異例の呼び出し 普天間問題」,朝日新聞,< http://www.asahi.com/special/futenma/TKY200912220118.html >(2009年12月22日)。上網時間:2014年1月9日。
「在沖縄海兵隊のグアム移転に係る協定の署名について」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/2/1188021_1092.html >(2009年2月17日)。上網時間:2014年1月3日。
「SACO最終報告(仮訳)」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/pdfs/rem_saco.pdf >(1996年12月2日)。上網時間:2014年1月18日。
佐橋亮,「民主党外交と政治主導の失敗」,三菱UFJリサーチ&コンサルティング,
<http://www.murc.jp/thinktank/rc/quarterly/quarterly_detail/201301_115>(2013年3月5日),頁115-128。上網時間:2014年1月3日。
「三党連立政権合意書」,民主党,< http://www.dpj.or.jp/news/files/20090909goui.pdf >(2009年9月9日),頁4。上網時間:2014年1月3日。
「衆院選開票結果」,読売新聞縮刷版No.612(東京),2009年8月31日,頁1540。
「住民基本台帳年齢別人口」,沖縄県ホームページ,
<http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kikaku/shichoson/documents/h24nenreibetujyuukijinkou.xls >(2012年3月31日)。上網時間:2014年1月3日。
「政権政策委員会提言」,民主党,< http://archive.dpj.or.jp/news/?num=8855#6-3 >(1999年8月24日)。上網時間:2014年1月3日。
「全力で全国を駆け回ります!-党首就任にあたって」,福島みずほ オフィシャルHP,< http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-1511.html >(2010年1月23日)。上網時間:2014年1月3日。
「第174回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説」,首相官邸ホームページ,
< http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201006/11syosin.html >(2010年6月11日)。上網時間:2014年1月3日。
「第26回2009年-新語.流行語大賞」,自由国民社,< http://singo.jiyu.co.jp/nendo/2009.html >(2009年12月1日)。上網時間:2014年1月3日。
地域振興へ縮小求める」,読売新聞縮刷版No.447(東京),1995年11月8日,頁353。
「地位協定見直しせず」,読売新聞縮刷版No.445(東京),1995年9月19日,頁942。
「日中韓協力10周年を記念する共同声明(仮訳)」,日本外務省,
< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/jck/jck_10_ka.html >(2009年10月10日)。上網時間:2014年1月3日。
「日中首脳会談(概要)」,日本外務省,
< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/visit/0909_sk.html >(2009年9月22日)。上網時間:2014年1月3日。
「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku.html >(1960年1月19日)。上網時間:2014年1月5日。
「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/pdfs/fulltext.pdf >(1960年1月19日)。上網時間:2014年1月9日。
「日米同盟:未来のための変革と再編」,日本外務省,< http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/henkaku_saihen.html >(2005年10月29日)。上網時間:2014年1月5日。
「鳩山総理の訪韓:日韓首脳会談の概要」,日本外務省,
<http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:jb8ZEt2yFi8J:www.mofa.go.jp/mofaj/area/korea/kaidan/sk_0910_gai.html+&cd=11&hl=zh-TW&ct=clnk&gl=tw >(2009年10月9日)。上網時間:2014年1月3日。
「鳩山内閣支持率下落19%(5月29~30日調査)」読売新聞,< http://www.yomiuri.co.jp/election/poll/20100530.htm >(2010年5月30日)。上網時間:2014年1月3日。
「8万5000人抗議集会」,読売新聞縮刷版No.446(東京),1995年10月22日,頁1067。
フジニュースネットワーク,
< http://www.fnn-news.com/archives/yoron/inquiry090720.html >(2009年7月13-14日)。上網時間:2014年1月3日。
フジニュースネットワーク,
< http://www.fnn-news.com/archives/yoron/inquiry090810.html >(2009年8月8-9日)。上網時間:2014年1月3日。
フジニュースネットワーク,
< http://www.fnn-news.com/archives/yoron/inquiry090824.html >(2009年8月22-23日)。上網時間:2014年1月3日。
「普天間「最低以下」で問われる鳩山首相の進退」,時事ドットコム,< http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_3501 >(2009年5月4日)。上網時間:2014年1月3日。
「普天間は県外移転」,琉球新報,< http://ryukyushimpo.jp/uploads/img4abc4b46536e8.pdf >(2009年9月25日)。上網時間:2014年1月3日。
「普天間迷走、社民党離脱」,読売新聞縮刷版 No.622(東京),2010年6月2日,頁【1】。
「米軍ヘリ、大学に墜落」,読売新聞縮刷版No.552(東京),2004年8月14日,頁703。
「平成21年9月時事日誌」,読売新聞縮刷版No.613(東京),2009年9月18日,頁【1】。
「平成22年6月時事日誌」,読売新聞縮刷版No.622(東京),2010年6月2日,頁【1】。
「訪米初日 日中首脳会談」,日本首相官邸,
< http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/actions/200909/22ny.html >(2009年9月22日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党政権公約 MANIFESTO(マニフェスト)」,民主党,
< http://archive.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2003.pdf >(2003年10月28日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党政権公約 MANIFESTO(マニフェスト)」,民主党,
< http://archive.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2004.pdf >(2004年6月24日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党 政権公約 MANIFESTO(マニフェスト)」,民主党,
< http://archive.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2005.pdf >(2005年8月30日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党 政権公約 MANIFESTO(マニフェスト)」,民主党,
< http://archive.dpj.or.jp/policy/manifesto/images/Manifesto_2007.pdf >(2007年7月9日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党 政権政策 Manifesto」,民主党,
< http://www.dpj.or.jp/download/325.pdf >(2009年7月27日)。上網時間:2014年1月3日。
「民主党 政権政策 MANIFESTO(マニフェスト)」,民主党,
< http://www.dpj.or.jp/download/334.pdf >(2010年6月17日)。上網時間:2014年1月3日。
Description: 碩士
國立政治大學
日本研究碩士學位學程
100861007
102
Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G0100861007
Data Type: thesis
Appears in Collections:[日本研究學位學程] 學位論文

Files in This Item:

File SizeFormat
index.html0KbHTML320View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing