Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/79778


Title: 關於原住民族共同體概念—以東排灣族的小米復育計畫為例
Other Titles: 原住民族共同体概念について-東パイワン族のアワの復興栽培の事例
Authors: 林麗英
Contributors: 國立政治大學 原住民族研究中心
Date: 2010-08-26
Issue Date: 2015-12-24 16:31:06 (UTC+8)
Abstract: 本發表透過台灣原住民族排灣族社會中的小米生產及其流通產業化方面,著眼於區域層次的社會組織,本發表目的為探討關於超越不同民族界限的「民族共同體」概念的實體化。在推展原住民族政策的情況之下,本研究是以台灣東部排灣族與阿美族等其他民族(含漢族)之混合部落 X 村為調查對象,在 X 村有一個小米復育,以及與小米相關產品之產業發展的3年計畫在進行。當初此計畫由基督教會主導,由 S 牧師擔任理事的法人團體參與營運後,在 X 村除了排灣族的基督徒之外,其他宗教的信徒以及不同民族也都與台灣一般社會之間有了更為頻繁的互動。如下概述其過程;一、實施小米產業計畫的主體是「台東縣原住民主體文化發展協會」豐年祭的主辦單位雖然是 X 村的基督教會,但參與者有很多是住在同部落的阿美族人及其他民族的人。三、原來是經營森林博物館的 NPO 財團法人 B 基金會,是由布農族人創立的,他們因陷入經營困難,才換成由 S 牧師負責營運。四、2009 年 8 月發生八八水災時,受災的排灣族部落的重建計畫主要是由從前的在 X 村的 NPO 組織為主體,本來 X 村的小米種植也已在衰退中,有常見到排灣族人參加人口佔多數的阿美族人的豐年祭,S 牧師成為組織之主幹之後,重振排灣族的小米豐年祭,其結果變成小米產業化的計畫是以基督教會的相關人士為中心在推展。另一方面,在與其他民族集團或其他宗教信徒們的社會關係上,主要是靠跟外部有關的法人組織。這個狀態可以解釋是為,有另一層共有的認同──即原住民族意識在作用而建構的。與民族共同體相關的概念定義是以共有同一個文化、宗教、語言等為前提。但是,我們可以設想一個可能性,台灣原住民族共同擁有在政治、社會及經濟地位上的意識,而建立起原住民族共同體的概念。我們可以期待這會對「民族」的定義賦予新的角度。
本発表では、台湾原住民族のパイワン族社会に見られるアワ生産と流通の産業化を通じて、地域レベルにおける社会組織に着目し、個々の民族集団の境界を超えた「民族共同体」概念の実体化について考察することを目的とする。原住民族政策が推し進められる状況のもとで、今回、調査の対象としたのは、3年間の計画で台湾東部のパイワン族とアミ族など(漢族)の混成集落であるX村で進めていたアワの復興栽培および、アワに関連した商品の産業発展プロジェクトである。当初、プロテスタント系教会が主導していたこの計画は、S牧師が理事を務めていた法人が運営に関わるようになって、X村のパイワンのキリスト教信者のみならず、他の宗教の信者や他民族、台湾一般社会との相互交流が盛んとなっていた。そのプロセスを概略すると以下のようになる。①アワ産業プロジェクトの実施主体「台東縣原住民主體文化發展協會」の実際の運営メンバーはおもにX村と周辺のパイワンの人々である。②アワ豊年祭の主催は、X村キリスト教プロテスタント系教会であるが、参加者には集落に同居するアミ族をはじめとする他民族が多い。③ブヌン族出身が創立した森林博物館を運営するNPO組織(財)B基金會が経営難に陥った際に運営責任者をS牧師に交代した。④2009年8月に発生した88水災被害に遭ったパイワン族の集落を対象とした復旧計画を従前のNPO組織を主体としてもともとX村では、アワ栽培も衰退しており、多数派のアミ族の豊年祭に参加するパイワン族が多くみられたが、S牧師が中心となり、パイワンのアワの豊年祭が復興し、その発展形態としてアワ産業化プロジェクトがキリスト教会関係者を中心として推進された。一方で、他民族グループや他宗教の人々との社会関係は、外部に由来する法人組織の存在に負うところが大きい。これは、もう一層の共有するアイデンティティ、すなわち原住民族意識が機能して、構築されたと解釈できる。民族共同体に関する概念は、同一の文化、宗教、言語などを前提として定義されている。しかし、台湾原住民族のように、政治、社会、経済的な位置づけにおける問題意識の共有することが、原住民族共同体の概念を構築している可能性を考えることができる。これは、エスニシティの定義に新たな視角を与えることが期待できる。
Relation: 2010年第三回台日原住民族研究論壇
主辦單位:國立政治大學 原住民族研究中心
舉辦日期:2010.08.26-2010.08.27
Data Type: conference
Appears in Collections:[2010年第三回台日原住民族研究論壇] 會議論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
38.pdf184KbAdobe PDF431View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing