Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/79780


Title: 近代台灣原住民家屋改善之研究-以阿美族為例
Other Titles: 近代台湾原住民家屋改善に関する研究ーアミ族を例として
Authors: 吳昱瑩
Contributors: 國立政治大學 原住民族研究中心
Date: 2010-08-26
Issue Date: 2015-12-24 16:31:33 (UTC+8)
Abstract: 日治時期的原住民家屋研究,以往都焦聚在傳統建築或移住政策上。但是根據筆者研究發現,台灣總督府曾經頒佈雨淋板外牆的「改良蕃屋」落的公共建設,這些政策使得原住民居住環境有很大的改變。但是這些「改良蕃屋」以及近代台灣原住民住環境之變遷之研究,目前比較少人觸及。本研究以阿美族為一例,研究台灣原住民如何將當時的政策反映在自己的住家建築之上,而從阿美族的民宅的構造及其變化做為探討的目標。
日本時代の原住民家屋に関する既往研究は、原住民の伝統建築や、移住政策などに注目されていた。しかし当時台湾総督府は下見板壁の「改造蕃屋」を考案し、集落公共施設と原住民の住環境を大きく変えた。しかし「改造蕃屋」及び近代原住民住環境の変容の実態についてはまだ検討されていない。本研究では、アミ族を一例として、台湾原住民が当時の家屋改善政策をどのように受け止め実際の民家建築に反映したのか、民家の構造とその変化に焦点をあてて明らかにすることを目的とした。
Relation: 2010年第三回台日原住民族研究論壇
主辦單位:國立政治大學 原住民族研究中心
舉辦日期:2010.08.26-2010.08.27
Data Type: conference
Appears in Collections:[2010年第三回台日原住民族研究論壇] 會議論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
index.html0KbHTML432View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing