Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/80338


Title: 臺灣新認定的兩個民族
Other Titles: 台湾で新たに認定された二つの民族
Authors: 林修澈
黄季平
Contributors: 原住民族研究中心
Keywords: 民族認定(民族識別);拉阿魯哇族;卡那卡那富族;鄒族
民族認定(民族識別);サアロア族;カナカナブ族;ツォウ族
Date: 2014-10-12
Issue Date: 2016-01-04 17:07:50 (UTC+8)
Abstract: 臺灣在2014年6月26日由行政院宣布新認定兩個原住民族,分別是排序第15族的拉阿魯哇族與第16族的卡那卡那富族。這兩族,原屬於「鄒族」。他們與阿里山鄒族之間,原來共用一個族名,同時在語言親緣上有其相近性與在服裝穿著上有其相似性,這是大家長期以來對於「鄒族」的認知。但是仔細觀察,在社會組織(Hosa體系)上、在氏族結構上、在宗教與祭儀上,都不相同,尤其在語言溝通上,三族語言無法溝通。然後再從民族認知與民族意識上考察三族的實際狀況,我們得出三族都係獨立民族的結論。
2014年6月26日、台湾の行政院は、第15族のサアロア族と第16族のカナカナブ族の二つの原住民族を新たに認定した。この二民族はもとは「ツォウ族」だった。彼らと阿里山ツォウ族は同じ民族名を用いていたうえ、言語の系統が近く服装も似ていることから、長い間「ツォウ族」とされてきた。しかし細かい点を見てみると、社会組織(Hosa体系)においても、氏族の構造においても、宗教・祭儀においても異なっており、特に言語においては三民族の言語は互いに通じないほどである。さらに民族的認識や民族意識の点から三民族の実情を考慮した結果、この三民族はそれぞれ独立した民族であるという結論に達した。
Relation: 第七回台日原住民族硏究論壇
主辦單位: 政大原住民族研究中心主辦
舉辦日期:2014.10.12
Data Type: conference
Appears in Collections:[2014第七回台日原住民族硏究論壇] 會議論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
11.pdf949KbAdobe PDF1854View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing