Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/99686


Title: 小泉構造改革-以郵政民營化為例證
Analysis of Politics&Economy to Koizumi’s Structure Reform –Postal Privatization as an Example
Authors: 李幸娟
Contributors: 蔡增家
李幸娟
Keywords: 小泉
構造改革
郵政民營化
Date: 2016
Issue Date: 2016-08-03 13:30:17 (UTC+8)
Abstract: 1990年代懷抱經常收支與財政雙赤字的美國對日本戰略要求日本政治經濟的安定,並於2000年10月發表了美國國防大學國家戰略研究所特別報告書”美國與日本-成熟的戰略夥伴關係”。對照報告書的建議可以發現幾乎是小泉構造改革的骨幹。
首先,小泉於選舉中誓言”打破自民黨的窠臼”而高票當選。主要是指對派閥的打破。小泉利用”經濟財政諮詢會議”為司令塔,統籌政策與法案的產出。並跳過一直以來須先經過派閥盤據的自民黨政調會的事前審查,也就迴避了派閥的勢力。然而由於支持”經濟財政諮詢會議”的內閣府成員多是各省廳官僚的外派者居多,因此,官僚的發言權便增強了,特別是有關於各省廳利害關係的提案時,常常被加以漠視。並且小泉的構造改革也常常遭遇官僚的陽奉陰違而改革不力。
至於小泉的郵政民營化改革,原意是將原來大部分用來購買國債而流向如特殊法人機構等公部門的郵政資金,藉由郵儲銀行與簡保人壽保險公司的股票上市轉而將資金流向民間部門,以促進經濟的活絡。不過,郵政民營化的過程卻遭遇派閥頑強地抵抗,小泉最後妥協,才使得郵政民營化法案在眾議院以五票之差通過,卻在參議院闖關失敗。小泉最後解散眾議院,訴諸民意,選舉並獲得空前的勝利。
然而由於特殊法人機構高薪的總裁職務是官僚退休後”官員空降”的好去處,官僚們當然想盡辦法維持相關制度。再加上既得權益者如郵政族及以較高租金出租郵局房舍給政府的特定郵局局長、害怕失去公務員身分的郵局職員等龐大抵抗勢力的反撲,郵政民營化至今只釋出11%的股份,89%的股份仍由國家持有,是實質上的國有企業。因此,郵政民營化並不算一項成功的改革。
Reference: 吳明上,日本小泉首相強化領導權之研究,人文與社會學報2-2,2006年。
黃菁菁,日本眾院改選大驚奇-美女上陣扳倒老將,CNA News SHOW,2005年。
何秉孟,新自由主義評析,台北:社會科學文獻出版社,2004年。
楊華,日本的”郵政民營化”風波與小泉的當選,經科學報第一卷第二期,2006年。
蔡增家,日本轉型-九〇年之後政治經濟體制的轉變,台北:五南圖書,2004年。
蔡增家,誰統治日本-經濟轉型之非正式制度分析,台北:巨流圖書,2007年。
劉慶瑞,戰後日本經濟的發展軌跡-從戰後廢墟、經濟奇蹟到新挑戰的質性分析,台北:志良出版社,2009年。

秋山和宏,小泉內閣檢証,東京:三和書藉,2005年。
秋山和宏,小泉劇場千秋樂,東京:三和書藉,2008年。
淺川博忠,小泉純一郎とは何者だったのか,東京:講談社,2006年。
池尾和人編,バブル/デフレ期の日本経済と経済政策第4巻『不良債権と金融危機』,東京:内閣府経済社会総合研究所,2011年。
池田健三郎,「郵政」亡国論,東京:ワニブックス,2011年。
石井晴夫、武井孝介著,郵政事業の新展開-地域社会における郵便局の役割,東京:郵研社,2003年。
井手秀樹,日本郵政,東京:東洋経済新報社,2015年。
井野良介編,日本郵政の闇,東京:宝島社,2015年。
伊藤周平,”構造改革“と社会保障-介護保険から医療制度改革へ,東京:萌文社,2002年。
猪口孝、岩井奉信著,「族議員」の研究,東京:日本経済新聞社,1987年。
上川龍之進,小泉改革的政治學-小泉純一郎は本当に”強い首相“だったのか,東京:東洋経済新報社,2010年。
上村敏之、田中宏樹編著,”小泉改革”とは何だったのか,東京:日本評論社,2006年。
浦島郁夫編,小泉政權の研究,東京:木鐸社,2008年。
內山融,小泉政權:”パトスの首相”は何を変えたのか,東京:中央公論新社,2007年。
丹宗曉信、小田中聰樹編,構造改革批判と法の視点,花伝社2004年。
大木一訓,日本経済の変容と“構造改革”-労働運動からの分析と提言,東京:新日本出版社,2007年。
角本良平,三つの民営化-道路公団改革、郵政改革とJR,流通経済大学出版社,2005年。
久慈力,小泉改革に異議あり,東京:あけび書房,2001年。
菊地悠二,ビッグバン成功への条件:量から質への意識改革,東京:中央公論社,1997年。
倉重篤郎,小泉政權ㄧ九八O日(上),東京:行研書店,2014年。
倉重篤郎,小泉政權ㄧ九八O日(下),東京:行研書店,2014年。
栗原猛,改革はなぜ進まないか-小泉政権批判論,東京:NCコミュニケーションズ,2004年。
小峰隆夫編,バブル/デフレ期の日本経済と経済政策第1巻『日本経済の記録-第2次石油危機への対応からバブル崩壊まで-』,東京:内閣府経済社会総合研究所,2011年。
小峰隆夫編,バブル/デフレ期の日本経済と経済政策第2巻『日本経済の記録-金融危機、デフレと回復過程-』,東京:內閣府経済社会総合研究所,2011年。
後藤謙次,平成政治史2-小泉劇場の時代,東京:岩波書店,2014年。
白川真澄,どこが問題!郵政民営化,東京:樹花舍,2006年。
清水真人,官邸主導:小泉純一郎の革命,東京:日本経済新聞社,2005年。
信田智人,政治主導VS.官僚支配,東京:朝日新聞出版,2013年。
碓井敏正、大西広著,ポスト戦後体制への政治経済学,東京:大月書店,2001年。
鈴木棟一,小泉政權50の功罪,東京: ダイヤモンド社,2006年。
高橋洋一,日本郵政という大罪,東京:株式會社ビジネス社,2015年。
滝川好夫,どうなる「ゆちょ銀行」「かんぽ生命」-日本郵政グループのゆくえ,東京:日本評論社,2007年。
竹中平蔵,構造改革の真実-竹中平蔵大臣日誌,東京:日本経済新聞出版社,2006年。
谷本諭,二ОО六年‧小泉「医療改革」の実像とねらい,前衛,2005年12月。
田原総一郎,日本政治の表と裏がわかる本,東京:幻冬社文庫,2003年。
中央社會保障推進協會,「小泉政権の構造改革と社会保障」,隔月刊社會保障2001年夏号NO.377。
土屋繁,自民党派閥興亡史,東京:花伝社,2000年。
堤修三,社会保障改革の立法政策的批判,東京:社会保険研究所,2007年
東京大學社會科學研究所編,失われた10年を超えて-小泉改革への時代,東京:東京大学出版會,2006年。
樋渡展洋、三浦まり著,流動期の日本政治:「失われた十年」の政治学的検証,東京:東京大学出版会, 2002年。
長谷川卓,「定率減税の縮減とその影響」,調査と情報第471号,2005年2月24日。
生田正治,郵政改革の原点,東京:財界研究所,2007年。
西川善文,挑戰-日本郵政が目指すもの,東京:幻冬舍,2007年。
西谷敏,派遣法改正で僱用を守る,東京:有斐閣双書,2006年。
野村健太郎,「郵政民営化の焦点」,愛知工業大學研究報告第40號,2005年。
橋本賢治,「郵政民営化の検証-そのメリットを中心として」,立法と調査,
2013年11月,参議院事務局企画調査室。
八木沢徹,ジャパンポスト郵政民営化-40万組織の攻防,東京:日刊工業新聞社,2005年。
飯島勳,小泉官邸秘錄,東京:日本経済新聞社,2006年。
冬谷曉,郵政崩壊とTPP,東京:文藝春秋,2012年。
古川浩太郎,道路特定財源の一般財源化,調査と情報第619号,2008年11月25日。
広沢孝之,現代日本政治史,東京:晃洋書房,2005年。
藤末健三,日本郵政グループの将来設計を描く,東京:通信文化新報,2014年。
町田徹,日本郵政-解き放たれた「巨人」,東京:日本経済新聞社,2005年。
松沢成文,拝啓小沢一郎殿 小泉純一郎殿,東京:ごま書房,2006年。
松原聰,これならわかる「郵政民営化」,東京:中央経済社,2005年。
本沢一善, 社会保障と年金制度,京都 : ミネルヴァ書房, 2008年。
御廚貴,ニヒリズムの宰相-小泉純一郎論,東京:PHP研究所,2006年。
森田実,小泉政治全面批判,東京:日本評論社,2006年。
安枝英訷、西村健一郎著,勞働法(第10版),東京:有斐閣ブリマ‧シリーズ,2009年。
山崎養世、荒井広幸著,『だまされるな郵政民営化』,東京:新風社,2005年。
郵政改革研究會,郵政民営化と郵政改革-経済と調和のとれた地區のための郵便局を,東京:金融財政事情研究會,2011年。
渡辺治,構造改革政治の時代-小泉政權論,東京:花伝社,2005年。
Description: 碩士
國立政治大學
日本研究碩士學位學程
1028610061
Source URI: http://thesis.lib.nccu.edu.tw/record/#G1028610061
Data Type: thesis
Appears in Collections:[日本研究學位學程] 學位論文

Files in This Item:

File SizeFormat
006101.pdf15438KbAdobe PDF75View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing