Please use this identifier to cite or link to this item: https://ah.nccu.edu.tw/handle/140.119/130176


Title: トランプ政権の貿易政策にみる日米経済貿易関係の相互作用
Authors: 洪淑芬
Hung, Shu-Fen
Contributors: 國關中心
Keywords: 日米貿易;「アメリカ.ファースト」の貿易政策;TPP
美日貿易 ;「美國第一」貿易政策;TPP|US-Japan trade;"America First" trade policy
Date: 2019-03
Issue Date: 2020-06-22 10:50:39 (UTC+8)
Abstract: トランプによる「アメリカ.ファースト」貿易政策は、基本的な性質ではアメリカ従来の政策と一致するものの、異例で物議を醸すものであり、一方的に圧力を加えることで他国との貿易協定を達成するという戦略は、世界の貿易システムと秩序の破壊につながる可能性があると認識されている。日米の経済関係は複雑であり、特に貿易問題に関しては明らかな立場の相違がある。トランプ政権の関心は毎年700億ドルにのぼる日本との貿易赤字を縮小することにあり、自動車の非関税障壁の見直しやアメリカ産牛肉の輸入制限撤廃を日本に要求している。日本は安全保障においてアメリカを必要としており、アメリカはそれを満たす一方、自国が経済的な見返りを得られるよう日本に要求している。日本はアメリカをアジア太平洋地域における重要な同盟国にして貿易パートナーとしており、日米関係は緊密である。しかし、アメリカがトランプの貿易政策のもとTPPを離脱したことで、日本と中国の長期にわたる競合関係は協力関係に転ずるかもしれない。新たな段階を迎える日米間の貿易交渉は「ゲーム」の様相を呈するものになるだろう。
雖然川普「美國第一」貿易政策的基本性質與過去既定的美國貿易政策一致,但人們普遍認為這是非常規並具有爭議的,其透過單邊施加壓力與其他國家達成貿易協定的策略可能導致區域和全球貿易體系和規則遭到破壞。美日經濟關聯複雜,尤其在貿易議題立場明顯分歧。川普政府關心的是縮小每年高達700億美元的對日貿易逆差,要求日本調整汽車的非關稅壁壘,以及取消對美國牛肉的進口限制。日本國際安全保障上需要美國,在美國滿足日本的安保需求的同時,美國也會要求獲得日本經濟上的補償。日本作為美國亞太地區重要的盟友和貿易夥伴,美日之間緊密相連。然而,美國在川普貿易政策的主導之下退出TPP,使得日本與中國長期競合關係可能因此而趨向合作。美日之間新一輪的雙邊貿易談判充滿博弈。|Although the fundamental nature of Trump's "America First" trade policy is consistent with the established US trade policy in the past, it has been commonly seen as unconventional and controversial. Its tactic of reaching trade agreements with other countries through the exertion of unilateral pressure could lead to the destruction of both regional and global trading systems and rules. The economic relation between the United States and Japan is a complex one, especially in the trading arena. As the U.S. fulfills Japan's security needs, it demands an economic compensation from Japan in return. The Trump administration requests Japan for a reduction of the annual trade deficit of up to 70 billion U.S. dollars, adjustments to the protectionist policies implemented in the automobile industry, and the removal of import restrictions on U.S. beef. Japan has been an important ally and trading partner of the U.S. However, there is a propensity for Japan to collaborate more with its long-term-competitor China since the U. S. has withdrawn from the negotiations and the conclusions of the TPP. The upcoming trading negotiation on such matters is worth beholding.
Relation: 問題と研究, 48:1, 53-86
Data Type: article
DOI 連結: https://doi.org/10.30391/ISJ.201903_48(1).0003
Appears in Collections:[國際關係研究中心] 期刊論文
[問題と研究] 期刊論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
84.pdf1279KbAdobe PDF25View/Open


All items in 學術集成 are protected by copyright, with all rights reserved.


社群 sharing